2015年10月29日

東電、管理職年収30%減 電気料金値上げ

東京電力は今年度から3年間、社員の1割にあたる管理職(課長職以上)の年収を福島第一原発事故前より30%超減らし、平均830万円ほどにすることにした. 政府が家庭向け電気料金の値上げ審査で、かつて公的資金を受けた企業と同じくらい人件費を減らすべきだと指示したからだ. 東電は家庭向け料金を平均10.28%値上げしたいと申請していた. しかし、政府の審査で、「原価」をもっと減らすべきだとの指摘を受けた. 原価は、これだけの費用を電気料金でまかなわなければならない、という見積もりだ. 政府は原価を減らしたうえで、値上げ幅を平均8.47%にすることを決めた. 経済産業省がこの値上げ幅で近く認可し、9月1日から値上げされる. ガソリン価格上昇、152円台 イラン問題: 杉山友美
posted by YuukaYukie at 03:13| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。